ロゴ
>Column>オーラ診断で自分の状態を知ろう【色でわかる診断】

オーラ診断で自分の状態を知ろう【色でわかる診断】

オーロラ

同じような環境にいても体調や考え方、性格の違いで存在感が際立つ人とそうでない人がいます。その違いはオーラ診断で紐解くことが可能ですが、個人がまとうオーラの色は一色では無く年齢や生き方によっても変化します。青色のオーラは冷静さ、赤色は情熱的、黄色は明るさやひょうきんさを表しています。金色や銀色は人格の徳の高さなどで、灰色などの暗い色は体調不良や悩みが多い時などに現れます。もしも善くないことを考えて実行しようとすれば、暗いオーラをまとうことにつながります。毎日の生活を健全に保てば、癒しの緑色や慈愛や恋愛に関するピンク色になることもあります。生まれた時にまとったオーラを活かした人生を選択すると、その人の長所を伸ばすことにつながり生きやすくなります。

生き生きと活躍している人のオーラは大きく、人々を魅了する力があります。しかし、病気であったり悩みがある人のオーラは、いびつだったり薄い色だったりします。オーラ診断ではまとう色も大切ですが、色の強弱も重要な要素になっています。その人に持病があると、その部分だけ違う色だったり薄い色だったりします。また、余命が短い人であれば弱いオーラに包まれ、覇気が感じられないこともあります。オーラを大きくはっきりしたい時には、からだを鍛えて健康になる必要があります。そうすると不健全なオーラの人は近付けなくなり、悪い誘惑が無くなったりします。オーラ診断をした時に予想よりも善くない結果になったなら、生活を見直すチャンスです。色々な人の中で生活をしているとオーラが乱れることがありますが、何時でも改善することは可能です。

手